NEWSニュースリリース

ISAE3402/ SSAE18(AT-C Section320) TypeⅡ保証報告書の受領について

2017年12月28日
株式会社アット東京

株式会社アット東京(以下アット東京、本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村晃)は、「中央センター、中央第2 センター及び第3 センターにおけるコロケーションサービス業務に係るシステムに関する記述書並びに内部統制のデザインの適切性及び運用状況の有効性」について、受託業務の内部統制保証報告に関する米国基準である「Statement on Standards for Attestation Engagements No.18(以下SSAE18、※1)」に準拠したSOC1報告書を受領いたしましたことを、お知らせいたします。
アット東京のお客さまは、当社が提出する内部統制保証報告書を活用いただくことにより、お客さまご自身で受託会社の内部統制を調査・評価する時間や工数、コストを削減することができます。


【ISAE3402/ SSAE18(AT-C Section320) 保証報告書内容】

 
1.事業者名:
株式会社アット東京 (AT TOKYO Corporation)

 

2.本社所在:
東京都江東区豊洲5-6-36

 

3.適用基準:
International Standards on Assurance Engagements (ISAE) 3402
Statement on Standards for Attestation Engagements (SSAE) No.18(AT-C Section320)

 

4.対象期間:
2016年10月1日から2017年9月30日

 

5.対象範囲:
中央センター、中央第2センター及び第3センターにおけるコロケーションサービス業務に係るシステムに関する記述書並びに内部統制のデザインの適切性及び運用状況の有効性

 

 
アット東京は今後も、お客さまが安心し信頼をもって、安全に当社のサービスを利用していただけるように、組織マネジメントや技術力の向上について、日々努力してまいります。

 

 

 

 

 

※1:SSAE18とは米国公認会計士協会(AICPA)が制定した内部統制の有効性を評価する保証基準。Type2報告書は、対象業務に係る内部統制が適切に設計され有効に運用されているか否かを、独立監査人が評価した内部統制保証報告書。

 

 
>本件に関するお問合せは、こちらにお寄せください。

 

 
以  上

 
※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。