NEWSニュースリリース

アット東京のデータセンターでPTPサービスの提供を開始
2018年1月適用開始のMiFIDⅡの時刻精度要件に対応、来春から販売

2017年12月21日
株式会社アット東京

株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村晃、以下「アット東京」)は本日、アット東京中央センター(以下CC1)ならびに中央第2センター(以下CC2)において、PTP (Precision Time Protocol※1)サービスの提供を、来春から開始することを発表いたします。

2018年1月3日から、EUでMiFIDⅡ(欧州第2次金融商品市場指令※2)が適用されます。
そのひとつの要件として、取引の透明度を満たすため、各金融機関に求められる時刻同期の要件が厳しく定義されており、従来のNTP(※3)による時刻同期ではms(ミリ秒)レベルの確度、粒度となるので本要件を満たすことができません。PTPはμs(マイクロ秒)以下の同期精度を持ち、MiFIDⅡの時刻精度要件に対応していますが、お客さまが自らPTPによる時刻同期設備を導入し運営するためには、高額の費用と、あわせてその設備を運営する技術者も必要となります。

 

アット東京はかねてより、お客さまからアット東京のデータセンターにおけるPTPサービス提供のご要望をいただいておりました。

そして、今後の需要も見込まれるため、いちはやく当社のデータセンター設備としてPTPによる調時設備を設置し、ご希望のお客さまにサービスを提供することといたしました。

 

なおMiFIDⅡの時刻精度要件、アット東京のPTPサービスの特長は次のとおりです。

 

 
■MiFIDⅡの時刻精度要件

・時刻基準          : UTC(協定世界時)に同期していること
・時刻の確度(UTCからの誤差)  : 100μsec以内(高頻度アルゴリズム取引の場合)
・時刻の粒度(時刻表示の桁)   : 1μsec以上(高頻度アルゴリズム取引の場合)
 

■アット東京のPTPサービスの特長

・高いコストパフォーマンス

自社で設備構築をするよりも安価にPTPへの対応が可能

・高い信頼性

GPSアンテナ~PTPグランドマスター(※4)~お客さままでの構内配線を完全2系統で提供することによる冗長性の担保

 

 
この度アット東京がPTPの対応サービスを開始することにより、当社のデータセンターは、金融機関のお客さまをはじめ、厳密な時刻調時を必要とされる皆さまにとって、よりふさわしいデータセンターになります。

 

アット東京はこれからも、各業界の動きに柔軟に対応しながら、データセンター事業者としての経験や運用ノウハウにより、高品質で信頼性のある世界最高水準のデータセンターサービスを、24時間365日ミッションクリティカルで実現してまいります。

 

 

 

 

 

 

以 上

 
※1: PTP(Precision Time Protocol)、時刻同期プロトコルの略称。IEEE1588に基づいたプロトコル。高精度時計同期機構のアプリケーション領域。
※2: 欧州第2次金融商品市場指令とは、欧州連合(EU)の金融・資本市場の包括的な規制。2018年1月から施行される。2007年11月施行の「金融商品市場指令(MiFID)」を改正したもの。
※3: NTP(Network Time Protocol)、インターネットを介してコンピューターの内部時計を正しく調整し、同期させるためのプロトコル。
※4: GPSから時刻を取得し、PTPスレーブへ配信する装置の中でGPSの時刻源に一番近い装置。PTPスレーブはPTPを用いて時刻同期を行うサーバ等のこと。

 

 

 

 

 

>本件に関するお問合せは、こちらにお寄せください。

 

 

 

 
※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。