NEWSニュースリリース

アット東京にJPNAPの接続拠点を新設  2017年4月から運用開始
大容量で安定したインターネット相互接続サービスを提供

2017年01月12日
株式会社アット東京

株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村 晃、以下「アット東京」)は、インターネットマルチフィード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一、以下「インターネットマルチフィード」)がアット東京 中央センター(以下「CC1」)内に同社の新たな接続拠点を開設し、2017年4月からインターネット相互接続サービスである「JPNAP(*1)サービス」の提供を開始することを発表いたします。今回のJPNAPサービスの接続拠点開設により、アット東京は国内主要IX事業者の接続拠点が集積された国内でも有数のデータセンターとなります。

現在日本では、インターネットに代表される国内外のネットワークへの接続拠点を持つデータセンターの拠点数が限られており局所化が進んでいます。また、インターネットエクスチェンジ(*2)(以下「IX」)、インターネットサービスプロバイダー(以下「ISP」)、コンテンツ配信などのネットワーク接続性が重要となるサービス事業者のビジネス拡大に向けて、拡張性と接続性の高いデータセンターが求められています。
そこでこのたび、CC1にインターネットマルチフィードの「JPNAPサービス」接続拠点が開設されることとなりました。

 

新たに提供される「JPNAPサービス」は、接続ネットワーク数が130以上、最大交換トラフィック量が800Gbps以上(2016年12月時点)のアジア最大級のインターネット相互接続サービス(*3)であり、アット東京のデータセンターサービスを利用するISP、データセンター事業者、金融機関、企業などを対象に、ブロードバンド時代における大容量トラフィックの安定した交換を可能にするレイヤ2のIXサービスです。
これからのIoTやクラウドサービスの普及に伴うインターネットトラフィックの増大を見据え、お客様のビジネスの発展のために、さらなる拡張性と安定性を兼ね揃えた接続サービスの提供を行います。

 

今回「JPNAPサービス」の拠点が開設されたアット東京のCC1は、約14万平方メートルという総床面積により、高い拡張性を誇っています。そして世界最高水準のファシリティーや20社を超える国内外の通信事業者の接続拠点の集積などによる設備・環境の優位性とネットワーク接続性の両方を兼ねそなえた、世界最大級のデータセンターです。
24時間365日の日英バイリンガル対応、データセンター事業者ならではの豊富な運用ノウハウとホスピタリティを持つことも、アット東京のデータセンターの特長です。

 

アット東京は、今後もIX事業者の皆さま、そしてISPの皆さまをはじめとしたネットワークを中心としたビジネスを展開される皆さまが相互に接続しあえる拠点として活用いただけるように、そして、アット東京のデータセンターをご利用の皆さまに高品質で自由な接続環境をご提供することにより、皆さまのビジネスの加速と活性化、新たな価値の創出に向けて、積極的な展開をしてまいります。

 

なお、アット東京は日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ主催の「JANOG39 Meeting」(会期:1/18(水)~20(金)、会場:金沢市文化ホール)に参加し、当プレスリリースの内容、接続環境を提供するサービスなどについての展示を致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

以 上

 

 

*1 Japan Network Access Point
*2 ISP他のネットワークを相互に接続し、トラフィックを中継する場所またはその機能を示す。
*3 一般公開されているアジア地域のIXトラフィック情報に基づく、インターネットマルチフィード独自調査による。

 

 

 

>  本件に関するお問い合わせは、こちらにお寄せください。

 

 

 

※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。