NEWSニュースリリース

アット東京が「スタートアップ企業支援プログラム」を開始
~スタートアップ企業に、高品質なデータセンター環境とともに、
アット東京のお客さまと「つながる」仕組みを提供~

2018年12月20日
株式会社アット東京

株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村晃、以下「アット東京」)は、本日よりスタートアップ企業のデータセンター利用を積極的に支援する「スタートアップ企業支援プログラム」を提供開始いたします。

アット東京は本年12月より、経済産業省が推進するスタートアップ企業育成支援プログラム「J-Startup」にサポーター企業として参画し、ITインフラを支えるデータセンターの立場で、スタートアップ企業をサポートするとともに、新しい価値を創造し社会の役に立ちたいという想いで取り組んでおります。

今回の「スタートアップ企業支援プログラム」は、スタートアップ企業のデータセンター利用環境だけでなく、ビジネスチャンスの拡大をサポートいたします。本プログラム参加企業は、事業開始当初のデータセンター設備投資コスト負担の軽減に加え、アット東京の各種クラウドをはじめとしたネットワーク接続性に優れた高品質なデータセンター環境と、データセンターをご利用の皆さまがつながりあうビジネスコミュニティを形成可能な仕組みを最長12ヶ月間無償で利用できます(※)。

 
本プログラムでスタートアップ企業にお使いいただける内容は下記のとおりです。

 
Ⅰ.基本サービス
(1)ラックスペース(最大1ラック)
(2)最大3kVAまでの電源利用環境

 
Ⅱ.オプションサービス
(1)100Mインターネット回線(ベストエフォート、固定IP1、1回線)
(2)クラウド接続サービス(プレミアムコネクトまたはATBeX 1回線)、接続用ルータの貸し出し
(3)AWS、Google Cloud PlatformTM、IBM Cloudのいずれかへの接続が可能
(4)運用サービス(リモートハンズ、30分/回、月3回迄)

 

アット東京の「スタートアップ企業支援プログラム」利用例
figure1

 

 
Ⅲ.「AT TOKYO BusinessPortal(アット東京ビジネスポータル)」

 
アット東京のデータセンター内のお客さま同士を「つなぐ」場としてのポータルサイトの利用

AT TOKYO BusinessPortal

figure2

 

なお、本プログラムへのお申込み、お問合せは、こちらで受け付けいたします。
アット東京は本プログラムの実施により、スタートアップ企業がアット東京のお客さまに出会うことで、その新しいアイデアが新たなビジネスを生み、当社データセンター内でのビジネスの共創や新たなビジネスコミュニティが形成されることで、センター内の各企業のビジネス発展に貢献することを目指します。

 
そして、「企業をつなぎ、業界をむすび、新たな価値をつむぐ途切れぬ安心のデジタルビジネスプラットフォーム」として、皆さまにとって価値のある場所となるよう今後もサービスを拡充してまいります。

 

以 上

 

※ アット東京のスタートアップ企業支援プログラムには参加条件があります。詳細は上記問合せ先にご連絡ください。
また、クラウド利用にあたって、クラウドサービス側で必要となる各種利用料金についてはスタートアップ企業に負担いただきます。