ニュースルーム

  1. トップ
  2. ニュースルーム
  3. ブロードバンドタワーとアット東京の戦略的パートナーシップについて 〜両社のデータセンター間接続を2019年中に開始〜
  • プレスリリース

2019.07.23

株式会社ブロードバンドタワー
株式会社アット東京

ブロードバンドタワーとアット東京の戦略的パートナーシップについて
〜両社のデータセンター間接続を2019年中に開始〜

株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」、コード番号:3776 ジャスダック)と、株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村 晃、以下「アット東京」)は、データセンター事業における戦略的パートナーシップによって、両社のデータセンター間の接続を2019年中に開始することを発表いたします。

ブロードバンドタワーは設立以来、日本のインターネットの中心地である大手町にデータセンター拠点を保有、インターネットの相互接続点である「インターネットエクスチェンジ(IX: Internet eXchange Point )に近い」データセンター事業者として、複数の都市型データセンターを運営して参りました。2018年8月には、「5G」時代のデータセンターを標榜する『新大手町サイト』を開設、日本を代表する3大IX (JPIX, BBIX, JPNAP) への接続性をさらに高めるとともに、AWS、Microsoft Azureなどの代表的なメガクラウドとの直接接続をはじめとする閉域網接続サービス「dc.connect (ディーシー・ドット・コネクト)」を展開するなど、高速かつ安定的な接続を重視した施策を講じ続けております。

アット東京は、セコムグループの一員として、信頼性の高い電源供給をはじめとする最高水準の設備インフラを有する複数の大規模データセンターを運営しており、データセンター内における幅広い事業者間の相互接続プラットフォーム「ATBeX (AT TOKYO Business eXchange)」や、インターネット接続サービス、メガクラウドとの接続サービスなどを展開しています。

この度のパートナーシップでは、相互の顧客利便性向上を目的に、ブロードバンドタワーとアット東京のデータセンター間を光ファイバー回線にて直接接続し、ブロードバンドタワーのdc.connectサービスとアット東京のATBeXサービスを連携します。それぞれの顧客は、その物理的な建屋・事業者に縛られることなく、顧客間で直接接続(ピアリング)が可能となり、インターネット接続、クラウド接続、海外接続など、より柔軟なネットワーク接続が可能になります。

>サービス提供イメージはこちらをご覧ください。

さらに、ブロードバンドタワーとアット東京は、このたびのデータセンター間接続を契機として、両社のサービス・ソリューションの相互紹介・活用などを含めた提携にてパートナーシップを強化、来るべき「5G」時代に向けたデータセンター事業の深耕を図ってまいります。

>>アット東京に関するお問合せはこちらからお願いいたします。

以上
※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様、その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。

お問い合わせ

お客さまのご要望に合わせたプランをご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ
03-6372-3577